女優別カテゴリー
レイチェル・ワイズ

レイチェル・ワイズのヌード アイ ウォント ユー

レイチェル・ワイズ

アイ ウォント ユー(1998/英/87分) 映画の感想

英国の海辺の町、ホンダという14歳の少年が美容師のヘレンに出会い、彼女に惹かれる。同じころ、ヘレンの元恋人で、ヘレンの父親への過失致死の容疑で服役していたマーティンが8年ぶりに戻ってくる。ホンダはヘレンに付き纏い、マーティンがヘレンにまだ未練があること、二人がともに心の傷を抱えている事、殺人事件を巡って秘密を抱えている事を知る・・・。

『日蔭のふたり』『9 Songs ナイン・ソングス』のマイケル・ウィンターボトム監督による人間ドラマレイチェル・ワイズ、アレッサンドロ・ニヴォラ、ラビナ・ミテフスカ、ルカ・ペトルシック出演。秘密を抱え心に傷を持つ女とその恋人の姿を、自らも心に傷を持つ少年の視点から描いた映画で、監督特有のハードな描写と、思春期映画特有の痛々しさを寂れた海辺の町を背景に抒情的に表した描写とが結びつき独特の空気感が映画全編に漂っていてそれが良い。少年から見た視点が、最終的に映画の謎の暴露とラストの更なる犯罪の勃発とその秘密の共有へと繋がっていく展開もうまい。

レイチェル・ワイズのヌード

レイチェル・ワイズは二人の男から執着される影のある魅力的な女を演じる。マイケル・ウィンターボトム監督らしい大胆なシーンがありヌードを披露(アンダーヘアが鮮烈)。少年の姉役のラビナ・ミテフスカもヌードを見せている。

参照リンク

アイ ウォント ユー ウィキペディア
アイ ウォント ユー IMDb
アイ ウォント ユー レイチェル・ワイズのヌード画像へのリンク
(18禁画像、日本の法律の範疇外の画像がある場合もございます。ご注意ください。)
PolyGram Filmed Entertainment Revolution Films

レイチェル・ワイズがヌードになった映画

レイチェル・ワイズ(Rachel Weisz, 1970年3月7日 – )はイギリスの女優。

1993 赤と黒 Scarlet and Black TVミニシリーズ
1996 魅せられて Stealing Beauty
1998 アイ ウォント ユー I Want You
1999 太陽の雫 Sunshine
2001 スターリングラード Enemy at the Gates
2005 ナイロビの蜂 The Constant Gardener
2009 アレクサンドリア Agora

タイトルとURLをコピーしました